働き方改革

働き方改革、それは経営者・管理者・担当者、そして全ての働く人の意識改革です。

働き方改革とは、「一億総活躍社会を実現するための改革」です。首相官邸のWebサイトにも“働き方改革は一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。”と記されています。一億総活躍社会とは、少子高齢化が進む中、「50年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で誰しもが活躍できる社会」です。

働き方改革の3つの柱は、

  1. ①長時間労働の是正
  2. ②正規・非正規の不合理な処遇差の解消
  3. ③自由で多様な働き方の実現

となっており、働き方改革は罰則規定も盛り込まれた厳しいものとなっています。

働き方改革の制度や試案に対処するためのチェックポイントとして、ここでは次の3つの方向性を提示したいと思います。

その1、働く人、一人ひとりが希望する条件、時間等で働ける環境があるか否かで考えてみること。

キーワードは「働いた成果物(質・時間・コスト)の評価システム」。
  1. テレワークや副業、兼業など柔軟な働き方ができているかどうか
  2. 女性・若者が活躍しやすい環境があるかどうか
  3. 病気の治療、子育てや介護と仕事の両立ができているかどうか

その2、実務の訓練制度(OJT制度)や業務マニュアルがあるかどうか、もしくは設けることが可能かどうか。

キーワードは、「各々が有する専門ノウハウの配置と活用ができる」。
  1. 転職・再就職支援・職業訓練があるかどうか
  2. 高齢者の就職促進をしているかどうか
  3. 外国人労働者を積極的に受け入れているかどうか

その3、労働生産性向上により真の生産性向上が果たせる業務改善活動を推進することが必要。

キーワードは、「業務の生産性向上活動で成果を上げ、そのノウハウを継続できる体制づくり」。
  1. 長時間労働の目標維持管理が必要
  2. 賃金の引上げ、個々人のスキル評価が必要
  3. 同一労働同一賃金の評価基準が必要
これからの企業には、これらの試案に対処できるような社内諸制度の見直しと共に、「真の生産性向上ができる業務の全体最適化」を目指した改革、改善活動が求められます。幸いホワイトカラーが主体となって進められるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は業務の自動化によって、未来を予測しながら対処できる戦術が加わるので、生産性の向上を堅実なものにするのです。ちなみに、「ホワイトカラー業務の90%はRPAで自動化できる」とさえ言われています。日本働き方会議は、政府が推進する働き方改革に的確に対応し、企業の真の生産性向上を支援すると共に、企業の持ついろいろな課題や問題点を解決する方法を、実践的手法(セミナー・研修会)と画期的なツールで教示します。