講座・セミナー
講座・セミナー

「ローコード/ノーコード開発」紹介セミナー ※終了しました。

ベンダー任せのシステム開発からの脱却
ローコード/ノーコード開発が示すDXの道筋

最近、ローコード開発ノーコード開発という単語をメディアで見かけるようになりました。ローコード(できるだけソースコードを書かずに)ノーコード(まったくソースコードを書かずに)でシステムを開発する方法です。Gartner社が2024年に全世界の65%以上がローコード開発されるだろうと予測しています。これが企業経営、DX推進にどのように影響を与えるのか説明します。

ローコード/ノーコード開発のメリットとして

  • ・情報システムの開発期間短縮や開発工数削減
  • ・システムの品質向上
  • ・迅速な保守対応(保守工数削減)

などの直接的な効果が挙げられていますが

  • ・市場に早く事業価値を提供できるスピード経営
  • ・経営の環境に素早く対応できる柔軟経営
  • ・ユーザー視点に立ったシステム開発/保守
  • ・IT環境(OS、データベース、開発言語)の変化によるシステム再構築の必要性が無く、システムのライフサイクルコスト削減

が可能となります。 ローコード開発を中心に、概要、導入事例、開発方法、デメリット(留意点)について説明します。

開催日 2021年2月5日(金)※終了しました。
時間 15:30~16:30(60分)
料金 無料
受講条件 このようなお客様に聴講をオススメします。
  • 迅速にシステム開発したい
  • システム開発/保守のコストを削減したい
  • ユーザー主体(もしくは内製化)を進めたい
  • 将来にわたりITの変化に対応できるシステムを構築したい
受講方法 WEBライブ型(ZOOMを使用します)
講師 株式会社ウイング 代表取締役 樋山 証一 氏
ローコード開発コミュニティ幹事
一般社団法人 ICT経営パートナーズ協会理事
禁止・注意事項
  • 視聴ページのURLを第三者に提供することは禁止いたします。
  • 録音・録画・撮影は禁止です。
  • 登壇者、および他の参加者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為はおやめください。
  • 上記禁止事項が認められた場合、今後のセミナー等へのご参加をお断りする場合はございますのでご了承ください。
主催 株式会社ウイング