講座・セミナー
講座・セミナー

「ビジネスアナリシス方法論“GUTSY-4”」紹介セミナー

工学的手法(GUTSY-4)で大きな成果を
プロセスとプラクティスに着目

東京都の中小製造業で受注生産品の売上を6年で13倍に拡大した事例で活用されたのがGUTSY-4。GUTSY-4は業務参照モデル、プラクティスが整理されており、個人に依存せず誰でも業務分析、システム上流設計にアプローチ出来る工学的手法です。連結売上3兆円の企業グループにおいて、採用された手法です。

ビジネスプロセスをありのままに見える化、共有する現実直視。標準的プロセスと比較して強み弱みを把握する客観評価。それらが出来てからプロセスや用語の標準化、暗黙知の形式知化と共有、そして優れたプラクティス(業務のうまいやり方)を検討します。

このセミナーでは以下の事柄を説明し、一部具体的な取り組みについて紹介します。

  1. なぜ日本のDXは95%が失敗するのか
  2. ビジネスアナリシスなど、日米のIT推進アプローチの相異
  3. SoR(記録システム)とSoE(顧客繋がりシステム)の関係と相異
  4. プロセスの現状把握と標準化
  5. プラクティスとは何か、その重要性
  6. 実際の標準プロセス・プラクティスの例
  7. GUTSY-4の事例では、DXへのIT投資対効果は、対売上で年40倍以上、年々、増加

GUTSY-4を実践するためのセミナーは別途開催されます。

開催日 2021年3月23日(火)
時間 13:00~17:00(4時間)
料金 無料
受講条件 このような方に受講をオススメします。
  • 会社としてDXをどう進めるか検討している方
  • 現状をどう整理して効果的なDXにつなげるか悩んでいる方
  • 自社のプロセスを客観的に評価したい方
  • 外部に依頼せず自分たち自身でDXに取組みたい企業
  • DXはハードルが高いのではないかと思っている方
  • プラクティスの抽出・共有によって生産性を大きく向上したい方
受講方法 WEBライブ型(ZOOMを使用します)
講師 株式会社プロセスデザインエンジニアリング 代表取締役
バリューチェーンプロセス協議会 前理事長
一般社団法人 ICT経営パートナーズ協会理事
渡辺 和宣 氏
主催 株式会社プロセスデザインエンジニアリング
共催 一般社団法人 ICT経営パートナーズ協会