改革の道筋
改革の道筋

改革のベースづくり

2021年4月から中小企業も含めて法制化される働き方改革。 その制度や試案に対処するには、次の5つの方向性で準備をする必要があります。

1. 個々人が希望する条件、時間等で働ける環境を整える

やるべきことは
  • ・テレワークや副業・兼業など柔軟な働き方の整備
  • ・女性・若者が活躍しやすい環境の整備
  • ・病気の治療、子育て・介護と仕事が両立できる環境の整備
ポイントは、「働いた成果物(質・時間量・コスト)に対する評価システムの整備」

2. 実務訓練制度(OJT制度)のベースとなる業務マニュアルの作成

やるべきことは
  • ・転職・再就職支援、実務の研修訓練
  • ・高齢者の就職促進
  • ・外国人労働者の受け入れ・活用
ポイントは、「現有人材の“多能化OJT”によるワークの習得と各々が有する専門ノウハウの幅広い活用」

3. 真の生産性向上が果たせる業務プロセス改善活動を推進する

やるべきことは
  • ・長時間労働の目標維持管理
  • ・賃金の引上げ、個々人のスキル評価
  • ・同一労働同一賃金の評価基準
ポイントは、「真の生産性向上活動を継続できる体制づくりと定量評価法で意識・行動を高める仕組みづくり」

4. RPAでホワイトカラー業務の90%は自動化できる

やるべきことは
  • ・電子マニュアル(改善後)の整備
  • ・ユーザーが主役で推進する
  • ・思考業務のルーチンワーク化で90%を目標に自動化する(管理者・担当者
ポイントは、「現状の業務機能体系化と原単位化(自動化のための管理点及び業務とシナリオの関係を意識する)」

5. 実務の育成制度の充実で少子高齢化問題を解決する

やるべきことは
  • ・ホワイトカラーの多機能化を推進して、業務量の「偏り」を少なくする
  • ・セクショナリズムの解消で社内の対話力を向上させ、人脈を創造する
  • ・多能化OJTでチャンピオン創出
ポイントは、「OJT(実務の訓練)の弱点を是正し、人材の多機能化評価法と仕組みづくりが人手不足を補う」

これらを実施するうえで欠かせないのが、業務プロセスの可視化やRPA※といった実践手法・ツールであり、それらに関する学びやネットワーク構築のサポートを行いプロフェッショナル人材を創出する。それが「日本働き方会議」です。

※RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション):ホワイトカラーが主体となって進められる業務プロセス自動化技術の一種

日本働き方会議では、個人・組織の生産性向上を支援するとともに、生産性向上を実現した事例を「フジサンケイビジネスアイ」を通じて広く紹介することで、日本の産業全体の活性化に寄与します。